科研費 基盤(S): 次世代音声翻訳の研究

科研費:基盤研究(S)17H06101
次世代音声翻訳の研究

【研究代表者】
中村哲(奈良先端科学技術大学院大学)

【研究分担者】
河原 達也(京都大学)
猿渡 洋(東京大学)
戸田 智基(名古屋大学)
森島 繁生(早稲田大学)
高道 慎之介(東京大学)
松本 裕治(奈良先端科学技術大学院大学)
須藤 克仁(奈良先端科学技術大学院大学)
サクリアニ サクティ(奈良先端科学技術大学院大学)
吉野 幸一郎(奈良先端科学技術大学院大学)
田中 宏季(奈良先端科学技術大学院大学)

【連携研究者】
水野 的(青山学院大学/日本通訳翻訳学会)
Graham Neubig(カーネギーメロン大学)
松下 佳世(立教大学)
山田 優(関西大学)
石塚 浩之(広島修道大学)

【研究の背景・目的】
短い旅行会話を対象に一発話終了毎に翻訳する音声翻訳は実用化が進んでいるが,人間の通訳者が行うような同時通訳は格段に困難である.特に文構造が異なる日本語から英語の通訳では,文末に来る動詞や否定を待つか予測しなければ訳出ができない.本研究では,講演,講義,会議を対象に,人間の同時通訳者のように文末を待たずに即座に通訳出力ができ,文構造の違いで破綻することなく,発話者の意図を伝えることができる次世代音声翻訳の研究開発を行う.

【関連プロジェクト】
科研費 基盤研究B 記者会見通訳の二言語並行コーパスの構築と応用研究