ANR-CREST: TAPAS

Training Adapted Personalised Affective Social Skills with Cultural Virtual Agents

日本語研究課題名:仮想エージェントによる個人適応された情動社会スキルの訓練
グラントナンバー/ Grant Number: JPMJCR19A

【研究分担体制/ Research Teams】
[奈良先端科学技術大学院大学グループ/ Nara Institute of Science and Technology Group]
◎中村 哲 (研究代表者)/ Satoshi Nakamura (Research Director)
田中 宏季/ Hiroki Tanaka
加藤 博一/ Hirokazu Kato
藤本 雄一郎/ Yuichiro Fujimoto
品川 政太朗/ Seitaro Shinagawa

[奈良県立医科大学グループ/ Nara Medical University Group]
○岩坂 英巳(ハートランドしぎさん)/ Hidemi Iwasaka (Heartland Shigisan)
●松田 康裕/ Yasuhiro Matsuda
岡﨑 康輔/ Kousuke Okazaki
宮﨑 義博/ Yoshihiro Miyazaki
金山 好美/ Yoshimi Kanayama
石田 理緒/ Rio Ishida
浦谷 光裕/ Mitsuhiro Uratani
盛本 翼/ Tsubasa Morimoto
澤井 創/ Hajime Sawai
竹田 奨/ Tsutomu Takeda


[大阪大学グループ/ Osaka University Group]
○工藤 喬/ Takashi Kudo
足立 浩祥/ Hiroyoshi Adachi
阪上 由香子/ Yukako Sakagami

◎ 研究代表者/ Research Director
○ 主たる共同研究者/ Collaborator
● サブリーダー/ Sub-leader

[CNRS-ISIRグループ/ CNRS-ISIR Group]
Catherine Pelachaud
Catherine Achard

[CNRS-LIMSIグループ/ CNRS-LIMSI Group]
Jean-Claude Martin
Elise Prigent
Céline Clavel

【研究の背景・目的/ Research Background and Objective】
 ソーシャルスキルとは、1人以上の人との対話中における言語的および非言語的行動を管理できる能力である。他者と対話するのが困難な人々は、自分たちの社会的行動を適切に管理し、他者の中でそれらを解釈することに苦しんでいる。ソーシャルスキルトレーニング(SST)は、社会的インタクションを実践し、社会的ストレスを軽減するために、また社会的インタラクションの観点から、これらの人々を訓練するために開発された根拠のある方法である。SSTでは、臨床心理士や精神科医が訓練にあたり、参加者を最終的に社会的状況に置くことを目標にしており、実際の場面を模擬したロールプレイによる訓練などを含む。本研究は、このSSTを人間の専門家の代替として、仮想エージェントにより実現するための方法とツールを開発し、実際に提供していくことを目的とする。
 本研究では、人間の社会的スキルを分析した上で複数のステップに分割し、それぞれにあわせたトレーニング方法を開発する。最終的には、学校や職場でのパブリックスピーキングを含む日常的な状況での社会的ストレスを軽減することを目的に、方法とツールを開発する。コミュニケーションが苦手な対象として、社交不安症 (SAD)、統合失調症、自閉スペクトラム症 (ASD)など、さまざまな種類の社会病理を持つ群を予定している。本提案では、訓練のために、従来のSSTに加えて、認知の傾向を改善する認知行動療法 (CBT)を有するプラットフォームを研究、統合する。

Social skills are abilities to manage verbal or nonverbal behaviors when interacting with one or more persons. People with social skills deficits have difficulty to control their own social behavior and also suffer from interpreting them among others. Social Skill Training (SST) is a well-grounded method developed to experience social interaction, to reduce social stress and to train those people. Clinical psychologists and psychiatrists provide SST. SST includes a role-play of a simulation of actual situations. A final goal of SST is to place the participants in real social situations. In this research, we aim to create virtual agents mimicking human SST specialists.

We analyze the human’s social skills dividing them into several steps and develop training methods. The objective is to develop methods and tools to reduce social stress in everyday situations, including public speaking at schools and workplaces. Target populations are Social Anxiety Disorder (SAD), Schizophrenia, Autism Spectrum Disorder (ASD), and a group of various social pathological phenomenon. In addition to the SST, a platform of Cognitive Behavioral Therapy (CBT) which improves cognitive distortion will also be integrated.

研究の全体図